誰がするの?会社のパソコンのメンテナンス

社内にIT関係の部署が設置されている

今は仕事でパソコンを使うのが当たり前になっていて、それぞれのパソコンがインターネットや社内LANなどに接続されています。サーバやネットワークは一旦設定すれば永久に使えるわけではなく、定期的にメンテナンスをしたり、トラブル対応が必要になります。そこで、一定の規模の会社では社内にIT関連の部署を設置しています。主にネットワークやサーバのメンテナンスが中心になりますが、それ以外に個々のパソコンのトラブルなどにも対応してくれます。故障をしたりウィルスなどの感染、OSのバージョンアップなど、専門的な知識を持たない社員だと対応ができない内容でも迅速に行ってくれます。ウィルスの感染が起こらないように監視業務なども行ってくれています。

外部の専門業者に委託をする

会社においてパソコンなどのIT機器は必須です。ネットワークやサーバの管理も必要になりますが、社内に専用の社員を置けない会社もあります。これらの会社では、外部の専門業者に依頼をして管理をしてもらったりメンテナンスをしてもらいます。トラブルが発生した時には、遠隔操作などで対応してくれるところもあります。パソコンの修理やバージョンアップ、その他データ復旧などは個別に業者に依頼するケースもあります。パソコンが突然起動しなくなるトラブルがありますが、データも使えなくなると仕事が行えません。データに機密情報が含まれていると大変です。データ復旧を専門的に行っている業者であれば、データのみを取り出して使えるようにしてくれます。